ヤマダ薬局

ナチュラルくらぶ ヤマダ薬局は、不妊症、ガンや難病、慢性病に苦しむ方々に、
これまで以上に回復力を身につける為のお手伝いしております。

HOME

 

ガンでお悩みの方

 

認知症でお悩みの方

 

ストレスでお悩みの方

 

慢性病でお悩みの方

 

不妊症でお悩みの方

 

肥満でお悩みの方

 

NCYインフォメーション

 

コンテンツ

HOME»  ガンでお悩みの方

NCYのガンへの取り組む対応方針について

NCY(ナチュラルくらぶ ヤマダ薬局)は、補完医療を研究史、がんに関する医療最新情報を提供、患者様の立場に立ち、心よりサポート、支援しております。また、現在「NPO法人 診・薬ネットワーク」事務局長と、「がんサポート研究会」 世話役を務めております。

NPO法人 診・薬ネットワークは、クリニックと薬局とが連携しあい、「もっと知らせて安心する医療」を実現し、患者様の満足度を高めることを目的として活動しています。
 主な活動内容
   1.毎月がん治療への研修会
   2.一般市民への医療講演会
   3.患者様と医師の面談に立ち会う
   4.治療施設の紹介

今後、世界の新しい医学の流れになりつつある統合医療をベースとして、各疾患の対応を研究しております。そこに今までにない光明をみい出していきたいと考えています。
通常標準療法(病院治療)の弱点や不足している部分を補うことを基本として、主に補完代替医療として科学的データに基づいた根拠ある機能性食品(免疫賦活(ふかつ)食品、抗酸化食品、等)及び漢方薬を駆使して、病状の向上と共に生活の質の向上を高める為、総合力で対応していきます。

 

NCYがおすすめする製品とその選定基準

数ある製品の中で本当に喜ばれた経験のあるまちがいのない本物の製品をおすすめ致します。

  1.製法特許を取得しているか
  2.学会等の公式の場で研究発表をされているか
  3.代替医学療法に取り組むドクターが使用してかつ効果の実績があるか
  4.科学的根拠がある製品か
  5.副作用の心配はなく健康や予防にも効果があるか

以上、この5点をクリアできる製品は本当に国内において非常に限られると思われます。

本物の製品は数年に一度くらいの確立でしか巡り合う事がないと思います。私達NCYは長年、慢性病、難治性の病気、特に悪性腫瘍に捕完、代替療法として取り組んでまいりました。あらゆる機会を駆使して研究所、研究会、学会報告等、懸命に追及をかさねました結果素晴らしい製品にめぐりあうことができ、さらに独自の研究を加え実際に数多くの実体験をもとに現時点においては国内で入手できる製品の中で高品度の製品の組み合わせによる総合力で対応いたしております。

 

NCYのガンに対する取組みについて

ガンに対しては全力をあげて総力戦でのぞむことが基本的な考え方です。また、総合力は単独療法よりもその欠点を補いより有利な成果が期待できます。

  1.通常治療 (病院での手術、抗ガン剤、放射線等の治療)
  2.免疫力を賊活する製品および漢方薬
  3.細胞に直接働きかける製品および生薬
  4.細胞のミトコンドリアを活性化させ又、各免疫細胞にエネルギーを発生させる製品
  5.各細胞へ栄養を補給する製品

※1を補う為、2~5までの対応法を病状に応じて組み合わせます。

上記の理由は、ガンという疾患は現在の通常治療 (手術、抗ガン剤、放射線等)については早期発見や転移がみられない場合は良いのですが、しかし早期発見できず診断された段階でかなり進行しているケースや転移進行しているケースでは、まだまだ完璧とはいいがたい現実を皆様は良くご存知かと思います。
これは、各要因の中の一つにガンの発生メカニズムとしてガン細胞が正常な細胞と比べて分裂するスピードが速く正常細胞に対して、2倍、4倍、と倍々に日々加速分裂していき、まるでネズミ算的に増え続けることに一因があります。さらにガンの分裂スピードに対してガンを攻撃する自分の免疫はガン細胞に比べて早くは増えていきません。ですからガンの進行をなんとしても防ぐべく全力で総合力である程度の成果をださなくてはならないのです。
この様なことからある大きさに進行したガンや転移進行ガンでは通常の治療だけでは追いつかない状態もありえますし又、十分とはいえないと考えます。
また、新聞や雑誌に毎日「これでガンが消えた」と題して書かれている健康食品のPR本があふれていますが、ある一つの健康食品の単独使用でガンが消失するのは本当にまれです。
ガンの発生原因のメカニズムの複雑さやガン細胞の細胞分裂のスピードの速さやガンも十人十色で人により性格が違うようにガンも抗ガン剤が良く効くガンもあれば効きにくいガンもありまさに千差万別です。
ガンはこの様に種々の要素の複合で発生したことを考えますと一筋縄ではいきませんし、そんなに生易しくはありません。ですから原因が複合しガン、個々の個性があればあるほど、それに見合った取り組み方が必要になるのは当然のことではないでしょうか。
この様なことから、上記5項目の総合力での総力戦となるわけです。前にもふれましたが、私の選定基準で使用する製品は、現時点における補完代替医療製品の中でより信頼度の高い製品を限定しておりますので少しでも希望をもちつつ一日でも早い取り組みを心より願っております。

 

お問い合わせ

無料電話相談

 

無料電話相談